いちご鼻が赤いのはこれが原因だった!

いちご鼻が赤いのはこれが原因だった!

いちご鼻が赤いのはこれが原因だった!

 

 

あなたが人と会ったとき一番注目する部分ってどこですか?きっと顔を一番に見ると思います。その顔の中心の鼻は目の次に印象を決め、目立つ部分ではないでしょうか。
その鼻が赤みをおびていると、恥ずかしいし気になりますよね。では鼻の赤みっていったいどうして起こるのでしょうか。
鼻の赤みは炎症による赤みであることが多いです。過剰なクレンジングや洗顔の刺激による肌トラブル、いちご鼻を隠そうとするコンシーラーやファンデーションが皮脂と合わさったことで起こる炎症、紫外線の影響などがあります。これは肌に過剰な刺激によって起きているものなので、その刺激を軽減させてあげることで改善することがほとんどです。
一番多い原因である、クレンジングと洗顔について説明していきます。

 

いちご鼻が赤いのはこれが原因だった!

 

 

 

・過剰なクレンジングや洗顔はダメ!
入浴前や寝る前など、メイクを落としますよね。メイクは肌によって刺激物である汚れと一緒です。もちろんきれいに落とすことが大事なのですが、念入りに落としすぎている方も多いのではないでしょうか。
たっぷりとクレンジング剤をとり、肌や毛穴の隅々までこそぎ取るようにゴシゴシしていませんか?確かに汚れは落ちていますが、肌にとって必要なうるおい成分まで根こそぎとってしまっています。洗顔もゴシゴシするのは厳禁です。またスクラブ入りの洗顔料は、洗顔後汚れや角質が取れてさっぱりする気分になりますが、これも肌の必要な成分をとり、細かい傷をつけてしまっています。
メイクをした場合はクレンジングが必要ですが、スッピンで過ごした場合の洗顔は基本的にぬるま湯での洗顔だけで十分です。肌についた汚れや皮脂をきれいに洗い落とすことができます。洗顔で大事なことは「落としすぎない」ということ。主な洗顔料には合成界面活性剤が含まれています。これは肌を痛めてしまう原因になります。
いちご鼻が赤いのはこれが原因だった!

 

 

 

・シンプルイズベスト!
私自身、肌や鼻の赤みといった悩みを抱えていましたがおばあちゃんから教わったことがあります。それは、「せっけん」での洗顔です。高齢の方ですごく肌にツヤがあってツルツルの方がいらっしゃいますよね。私のおばあちゃんも80歳を過ぎているのですが、「何もしていないよ」というけれどとってもきれいな肌をしています。キメも細かく、触ってもスベスベツルツル。そんな何もしていないおばあちゃんですが、昔から「せっけん」で顔や全身を洗っていました。
「せっけん」には、通常の洗顔料に含まれる合成海面活性剤は含まれていません。主成分が無添加で天然由来の成分のものが多く、洗顔料に比べ、汚れを落とす効果は低いのですが、過剰に汚れを落としすぎないといった面で、肌への負担が少ないのです。肌が本来必要なうるおい成分や皮脂を落としすぎず、肌の乾燥を抑えてくれるので、肌トラブルになりにくいのです。
おばあちゃんおすすめは牛乳石鹸でした。皆さんご存知ですか?
昔からある真っ赤なパッケージに牛が描かれている、あの石鹸です。
正直、期待はしていなかったのですが、教えてもらってから牛乳石鹸で洗顔することにしました。はじめは汚れが取れていない気がして気持ち悪かったのですが、その日から肌乾燥が気にならなくなりました。肌のツッパリも感じず、ザラザラ感がなくなったのです。泡立ちもクリーミーで、ツッパリ感がないのに洗顔後は顔がさっぱり気持ちいい。お肌の保護成分と、うるおい成分が含まれているそうです。半信半疑で牛乳石鹸で洗顔を初めてから1週間…鼻のポツポツ、ざらつき、毛穴の汚れがキレイになっていました。さらに低刺激の石鹸なので、肌もモチモチうるおいは逃さず、キメが細かくなってきたような感じでした。ポツポツとしたいちご鼻は気にならず、鼻以外のTゾーンや顎といった肌トラブルを起こしやすい部分にも効果的でした。昔の方は知っていたんですね。
おばあちゃん曰く「シンプルなのが一番だよ」

 

いちご鼻が赤いのはこれが原因だった!

 

 

 

いかがでしたか?昔ながらの変わらないシンプルな洗顔。お肌のケアはあまり過剰になりすぎないことが大事ですね。ぜひご自身に合う「せっけん」を探して、いちご鼻も悩まない美肌生活送ってくださいね。

 

 

 

いちご鼻をすっきり解消するためには

 

 

 

いちご鼻対策にはこの美容液がおすすめ!

 

いちご鼻専用美容液 Remery(リメリー)