いちご鼻を改善する方法まとめ

いちご鼻を改善してツルピカ輝くお肌に!

いちご鼻を改善してツルピカ輝くお肌に!

 

 

いちご鼻って?

 

あなたは、お肌の黒ずみに悩んでいませんか?特に顔の中心、一番目立つお鼻の黒ずみにポツポツ…まるでいちごのようなお鼻のことをイチゴ鼻と言います。
黒ずみやポツポツは、毛穴に皮脂や角質、汚れがたまった角栓が原因で起こります。
ニキビの原因にもなってしまう角栓、せっかくお化粧をしてもお鼻がポツポツだと台無しですよね。
皮脂や角質、汚れをため込んでしまうとそれが酸化してしまい、固い黒ずみになり、毛穴の広がりにも繋がります。そうなると、広がった毛穴にさらに汚れがたまり黒ずみができます。それを隠そうとコンシーラーやファンデーションを塗り重ねることで、さらに毛穴が詰まり、悪循環に陥ってしまいます。
 私は混合肌で、頬は乾燥しているのですが、べたつきがあるタイプでこのにっくきいちご鼻に悩まされた一人です。
特に彼氏とデートしていても、顔を見ないで!と思っていた時期もありました。
当時流行っていた毛穴パックをして、必死にお化粧で隠そうとしていたので、黒ずみはひどくなる一方でした。

 

いちご鼻を改善する方法まとめ

 

 

 

いちご鼻でしちゃいけないこと!

 

・毛穴パック
目に見えて結果が分かり、ガッツリ取れた角栓を見て爽快感すら覚えた方も多いと思います。が、肌に張り付けてベリベリ剥がすという、荒治療。
角栓だけでなく、必要な脂質も取ってしまい、皮膚にも刺激が強すぎてよくありません。

 

いちご鼻を改善する方法まとめ

 

 

・顔を必死に洗う
特に鼻を中心に、洗顔フォームをつけて必死にゴシゴシしていませんか?私、していました。
肌に必要な脂質や水分まで奪ってしまい、乾燥してしまいます。
さらにタオルでゴシゴシしてしまうと、お肌も傷つけてしまい、さらにその細かい傷に汚れがたまってしまいます。

 

 

・指で押し出す
鏡に向かって角栓を指で挟み、指で押し出していた人、私です。気になる所を押し出すとニュルっと気持ちいいくらいに角栓がでてきますよね。ついつい夢中になってやってしまっていたのですが、絶対だめ。指で鼻を圧迫し、爪で傷つけてしまうことで、皮膚の染みやさらなる黒ずみの原因になってしまいます。
この3つをやってしまうことで、さらに毛穴が広がり、汚れがたまっていきます。

 

 

 

ツルンっとした肌を手にいれるには?

 

・正しい洗顔
洗顔は、必要なくなった皮脂やメイク汚れを落とすためのものです。肌にはもともと自浄作用がありますので、必要以上に洗顔する必要はありません。
まず、手の汚れや油を洗い流し、清潔な手で洗顔しましょう。そして洗顔フォームを手に取りしっかり泡立てます。ボウルや筆を使ったり、100円均一にも泡立てネットがありますね。
その泡を手に取り、優しくなでるように洗っていきます。ゆで玉子を傷つけないくらいの優しが大事です。目や口の周りは乾燥による小じわができやすいので、泡をのせるだけでも大丈夫です。いよいよ、洗い流し。冷水や熱い湯ではなくぬるま湯で。
洗顔フォームが残らないように優しく流していきます。
すすいだ後は、タオルで水分を押して取るような感じで押し拭きをします。絶対にゴシゴシ拭かないように。洗顔後すぐに肌から水分が蒸発していきます。それを防止するためにすぐ保湿ケアをしていきましょう。

 

いちご鼻を改善する方法まとめ

 

 

・裏技 簡単オロナインパック
10年来の相方のように我が家にはオロナインが常備されています。
蒸しタオルを顔に乗せて30秒放置。600Wのレンジで40秒ほどチンします。
毛穴を十分開かせてから、オロナインをたっぷり鼻に塗ります。
10分〜15分放置してください。その後ぬるま湯でしっかり洗い流します。入浴前にしても洗い流すのが簡単でいいですね。
これだけで、スッキリピカピカ、ツルンっとしたお肌になります。角栓が溶けるようになくなっているのにビックリしますよ!オロナインパックの後は、必ず保湿ケアをしてください。冷蔵庫に常備しているシート状のパックをして、美容液を塗り込んで寝ています。
実はオロナイン、ニキビや吹き出物にも効果あるんですよ!寝る前に気になる部分にこんもり塗ります。ニキビのポツポツが隠れるくらい塗るのがコツです。朝起きて洗顔すると、黒ずみとともにニキビも少し赤味や腫れがひいているんです!
あまりに効果があるので、肌荒れを防ぐために、週1回のスペシャルなケアにしてくださいね。

 

いちご鼻を改善する方法まとめ

 

 

 

いちご鼻をやっつけて、ツルンっ!ピカっ!な美肌を手に入れましょう。

 

 

 

 

P.S.
こちらのサイトもぜひ参考にしてみてください。

 

イチゴ鼻の効果的な治し方とは?